わたしの好きな服

日記
どうしようもなく好きな服

まだこのページの方向性は定まっていません。私の属性から広がる世界を書いていこうかなと思っていたのですが、先日最初の記事を投稿して、「表現」というテーマでいこうかなと思い始めています。表現と言ってもむつかしいものではなく、「私の好きなこと・楽しいこと・おもしろいこと」を発信していけたらなと思っています。

今日は私の好きな洋服について。あまりファッションには頓着がないのですが、どうしようもなく好きな服があり、それを紹介します。

左の流れ星ワンピースと中央のサルエルパンツは、昨年12月にフンデヒュッテで行われた冬のフンデヒュッ展に行ったときに購入したわたなべけいこさんのお洋服です。どちらもひとめぼれでした。

流れ星ワンピースはヨーロッパ麻でできているそうです。麻は大好きな素材ですが、春夏物のイメージがありました。わたなべさんがおっしゃるには、ヨーロッパ麻は目が詰まっているので暖かいそうです。私はこのお洋服を着るときは、綿の下着とハイネックのカットソーの上に着ることが多いのですが、寒いと感じたことはありません。どこに行っても「素敵な洋服だね」とほめてもらうことが多くて、そのたびにうれしくなります。

サルエルパンツはコーデュロイでできています。このパンツ、後ろも可愛いんですよ。

いままで普通の茶色のパンツを着ていたところをこのサルエルパンツに変えるだけで、ぐっと個性的に可愛くなる気がして、このパンツを履くだけでテンションがあがります。わたなべさんすごいなあ。愛のあるものづくりの力を感じます。

右の羽織物はichiのもので、毛とナイロンでできています。夏に同じお店で買った麻製(麻大好きです)の黒いワンピースに合う羽織物を探していて、色と素材感が気に入って買いました。秋から冬まで長く着られるところも気に入っています。

決してたくさんの服を持っているわけではないですが、一着一着に愛を持って着たいと思っています。昨日も春物を2点買ったのですが、それはまた別の機会に。

タイトルとURLをコピーしました